head_img head_img

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0224-33-3289
営業時間 AM8:30~12:00 PM2:30~6:30
休診日:月曜・祝祭日・日曜の午後

HOME > 頭痛でお悩みの方へ

頭痛にお悩みの方へ


<顎関節症の定義>
顎関節症から生じてくる症状の一つとして頭痛があります。 顎関節症の症状の一つとは気がついていない方もいらっしゃいますが、慢性的な頭痛に悩まされているという人は、顎関節症による頭痛という可能性が大いに考えられます。
顎の開閉時や物を噛む時に顎から音が出たり、顎の開閉時に顎がカクカクしたりという症状はありませんか?他にも、顎を動かす時の顎関節の痛みや、口が大きく開かなくなることなるも顎関節症の典型的な症状です。 こうした症状があった上で頭痛の症状がある場合には、顎関節症の影響によるものが大きいと考えられます。

顎関節症についてはこちら

顎関節症から頭痛を生じるメカニズム

顎の不調によって肩こり、頭痛が悪化する場合、食事で使われる筋肉の影響が大きいと言われています。 噛むときに使われる筋肉の1つは、頬にあります。顎関節症の原因は様々です。 いくつかの原因が重なって顎関節症を発症する人が多いのですが、いずれの原因で発症した顎関節症にしても、顎の周りの筋肉を緊張させてしまっていることが多く、この筋肉の緊張によって顎やその周辺の痛みを起こすことが多いのです。
頭痛についても、この顎周りの筋肉の緊張の影響を受けていると考えられます。
口を開けたり閉じたりする際に使う筋肉は、顎と頬の間のあたりにありますが、顎関節症では顎の開閉時に使う筋肉が緊張して硬くなり、痛みの原因になっていることがあります。
左右の筋肉の緊張や硬さの具合には左右さが出ることが多く、左右差が出るとバランスが崩れてゆがみになったり血行を悪くするという悪影響があります。顎関節症によって頭痛が起こるメカニズムのポイントは、この左右のバランスにあり左右のバランスが悪くなったことによる、歪みや血行不良などが頭痛の原因にも直接つながっているのです。


<当院での治療法>

当院では、肩甲骨矯正療法や骨盤矯正、ハイボルテージ療法などを組み合わせて治療を行なっていきます。 また、首から肩、腕にかけてのシビレやだるさの症状には鍼灸治療も有効です。症状によっては、近隣の整形外科医とも連携しながら治療にあたっていきます。 レントゲン、MRIが必要と考えられる時は直ちに紹介させていただきますのでご安心ください。


お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0224-33-3289 icon FAX0224-26-9340
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る